(本規約の適用)
第 1 条 株式会社ハウスジーメン(以下「当社」といいます)は、インスペクション・バックアップ履歴システム・ハウジングプロバイダ履歴システム(以下ྜわせて「本システム」といいます)利用規約(以下「本規約」といいます)を定め、利用者に本システムの利用を許諾します。

(本規約の変更)
第 2 条 当社は、本規約および本システムについて予告なく変更することができ、利用者は、予めこれを承諾します。

(利用の停止)
第 3 条 当社は、利用者が次のいずれかに該当する場合は、利用者による本システムの利用を停止することができます。 (1) 利用者が、違法にまたは公序良俗に反した態様において本システムを利用した場合
(2) 利用者が、当社および他の利用者に対し重大な支障を与える態様において本システムを利用した場合
(3) 利用者が、当社の本システムの運営または当社の電気通信設備に支障を及ぼしまたは及ぼすおそれがある行為をした場合
(4) 当社の設備の保守または工事のために必要である場合
(5) 天災、事変その他の非常事態が発生しまたは発生するおそれがある場合
(6) 本システムが正常に動作せず、当社が本システムを継続して提供することが著しく困難となった場合
(7) 法令等に基づく強制的な処分により、当社による本システムの運営が著しく困難となった場合
(8) 利用者が、本規約および別に定めるインスペクション・バックアップ履歴システム・ハウジングプロバイダ履歴システム契約約款の規定に違反した場合

(禁止事項)
第 4 条 当社は、利用者が本システムを通じて以下の行為を行うことを禁止します。
(1) 本システムや本システムに保存されたデータを損壊する行為
(2) 有害なコンピュータプログラム等を送信する行為
(3) 第三者のログイン ID、パスワードまたは個人情報を不正に使用または漏洩する行為
(4) 当社または第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
(5) 当社もしくは第三者を誹謗中傷しまたはその名誉を傷つける行為
(6) 当社または第三者の財産、プライバシー等に不利益を与える行為
(7) 選挙の事前運動、選挙活動またはこれらに類似する行為や公職選挙法に違反する行為
(8) 一の物件情報を保存したサイトに当該物件情報以外の情報を保存すること
(9) 公序良俗に反する内容の文書や図画等を保存する行為
(10) 当社または第三者の業務を妨げる行為
(11) その他法令に違反するまたは違反するおそれのある行為

(反社会的勢力でないことの表明)
第 5 条 利用者は、自己および自己の代理人が次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわた
っても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から 5 年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」といいます) (2) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(3) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(4) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(5) 暴力団員等に対して資金等を提供しまたは便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(6) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2 利用者は、自己または第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をしまたは暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて相手方の信用を毀損しまたは相手方のサービスを妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

(免責事由)
第 6 条 当社は、次に掲げる事由等、当社に故意または重大な過失のない事由に起因する損害に対しては一切の責任を負いません。
(1) 本システムに保存された物件情報の真偽、正確性
(2) 本システムに保存された物件情報から発生した第三者に対する著作権侵害その他の知的財産権侵害
(3) 利用者が使用するコンピューターその他の利用環境
(4) 利用者による履歴データの活用
(5) 利用者の責めに帰すべき事由により生じた情報漏洩または不正使用
(6) 本システムの内容変更、中止、停止または終了
(7) 自然災害
(8) 伝染病
(9) 戦争、内乱、暴動、革命または国家の分裂
(10) 火災または爆発
(11) 第一種電気通信事業者の管理する回線設備等の不具ྜによる本システムの停止、利用不能等
(12) その他本条第 7 号から第 10 号に準ずる非常事態

(準拠法)
第 7 条 本規約に定めのない事項については、日本国の法令に準拠します。

以上